脇の黒ずみは上手に隠せる

脇の黒ずみを専用ファンデーションで隠す

 

 

脇が黒ずんでいると、肌の露出が多くなる夏場に気になってしまいます。
Tシャツやノースリーブを着たときに、脇の黒ずみが見えてしまうのではないかと不安になってしまいますよね。

 

また、温泉やプールなどの公共施設を利用するときに、脇の黒ずみが気になってしまう人もいるでしょう。
脇の黒ずみをできるだけ隠すために、外出時はファンデーションで隠してみると良いかもしれません。

 

脇の黒ずみを隠すためにファンデーションを使うなら、顔用ファンデーションではなくボディファンデーションを選ぶことをおすすめします。

 

脇は汗をかく部位なので、顔用ファンデーションを塗ってもすぐに流れ落ちてしまいます。
黒ずみを隠すカバー力は高いように感じても、すぐに落ちてしまってはあまり意味がないですよね。

 

できるだけ長時間脇の黒ずみを隠しておけるように、脇に塗るときにはボディファンデーションを選びましょう。

 

ボディファンデーションは、汗をかいてもすぐに流れ落ちないようにウォータープルーフになっているものが多く、商品によってはデオドラント効果も期待できます。
あまり白くなりすぎるファンデーションを選ぶと、塗った部分だけが浮いて目立ってしまうので、自分の肌色に合ったものを選びましょう。

 

 

クレンジングをしっかりしないと黒ずみが悪化

 

ボディファンデーションを使って脇の黒ずみを隠すときには、気を付けたいことがあります。
それは、ボディファンデーションの落とし方です。

 

脇の黒ずみは、デリケートな脇の皮膚が摩擦などのダメージを受けることや、毛穴に汚れが詰まることでできてしまいます。

 

そのため、ボディファンデーションをきちんと落とせていないと、毛穴に詰まって黒ずみを悪化させてしまう可能性があります。
ボディファンデーションを使った日は、ボディーソープや石鹸だけで済ませてしまうのではなく、きちんとクレンジングすることをおすすめします。

 

脇に塗ったボディファンデーションを落とすときには、専用のクレンジング剤を使用すると良いでしょう。
毛穴の奥に入り込んだファンデーションまで落とせるので、洗い残しが毛穴に詰まることを防げるはずです。

 

また、洗浄力が強いボディーソープや石鹸を選んで、クレンジング剤よりも肌に優しくファンデーションを落としていくのも良いでしょう。
どちらの方法でファンデーションを落とすにしても、ゴシゴシと擦って脇の肌に負担を掛けないように気を付けましょう。
硬いスポンジやタオルで擦り洗いをするよりも、指で優しく洗ったほうが肌に負担を掛けません。

 

 

隠しながらケアが大切

 

脇の黒ずみをファンデーションで隠すことで、これまでよりも積極的に外出できるようになるかもしれません。

 

しかし、いつまでもファンデーションで隠すだけでは、黒ずみが解消されることはありません。
温泉やプールなどのファンデーションを塗れない場所でも楽しめるように、脇の黒ずみは隠しながらケアもしていきましょう。

 

脇の黒ずみをケアするときに便利なのが、「アットベリー」です。

 

アットベリーには、プラセンタ・グリチルリチン酸・甘草フラボノイドなどの全部で5種類の美白成分と、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などの全部で6種類の保湿成分が配合されています。
乾燥しがちな脇の奥まで成分が浸透するので、内側と外側から保湿できます。
また、肌への美容効果が高い5種類の植物成分も配合されているので、黒ずみをケアしながら肌の調子を整えることもできます。
アットベリーを使い続けていけば、脇の黒ずみが改善されるだけでなく、肌の調子も良くなっていくことを実感できるでしょう。

 

アットベリーをすぐに購入できない人は、ひとまず手持ちの化粧品で保湿ケアをしていきましょう。
化粧水や保湿クリームなど、脇の敏感な肌に塗っても大丈夫そうなものを選びます。

 

アットベリー特典多数の公式サイト