脇の脱毛は黒ずみの原因?

セルフでムダ毛処理は黒ずみができやすい

 

カミソリ

ムダ毛が気になってくると、セルフでムダ毛処理をしてしまう人が多いです。
脱毛サロンに通うことになるとお金がかかりますし、忙しい人は時間を作ることも大変だと感じるでしょう。

 

ですが、セルフでムダ毛処理をしていると、脇に黒ずみができてしまうことがあります。
セルフでムダ毛処理をするときには、カミソリや毛抜きを使っている人がほとんどだと思います。

 

お金をかけずに自宅で手軽にムダ毛処理ができて便利ですが、カミソリや毛抜きを使ってムダ毛を処理することで、脇の肌に負担を掛けてしまいます。

脇の肌は、全身の他の部位に比べてとてもデリケートなので、少しの刺激でも大きなダメージを受けやすいです。

 

カミソリや毛抜きを使用したムダ毛処理を続けていくことで、脇の肌がダメージを受けて黒ずんでしまう可能性が高いです。
普段はあまり気にならなくても、温泉やプールなどの公共施設を利用するときや、夏に肌の露出が増えてくると気になるでしょう。

 

セルフでムダ毛処理をしてはいけないということではありませんが、カミソリや毛抜きの使用で肌に負担を掛けすぎないように気を付けていきましょう。
肌に負担を掛けずにムダ毛処理をしていくために、時間があるときに脱毛サロンに通ったり、ムダ毛処理で黒ずみを作らないようなケアをしていきましょう。

 

 

脱毛サロンでも黒ずみができることがある

 

脇の肌に負担を掛けずにムダ毛処理をするために、脱毛サロンに通っている人はいるでしょう。
自宅でカミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理をしていると、脇の肌にダメージを与えてしまう恐れがあるため、脱毛サロンに通うのは良いことのように感じます。

 

しかし、人によっては脱毛サロンでも黒ずみができてしまうことがあります。
脱毛サロンでは、肌に負担を掛けないレーザー機器を使用して脱毛を行っているはずなのに、なぜ黒ずみができてしまうのでしょうか?

 

脱毛サロンで使用しているレーザーは、基本的には肌に負担を掛けないようになっています。

 

しかし、レーザーの出力を上げることで脱毛効果が高まるため、一部の店舗では高い出力でレーザーを照射していることがあります。
レーザーの出力を上げたことが原因で、軽いヤケドや色素沈着が起こり、脇に黒ずみができてしまうのです。

 

また、基本的にはヤケドや色素沈着が起こらない出力に設定していても、人によっては体質でレーザーに弱いことがあります。

 

脱毛サロンで使用しているレーザーよりも安全な医療用レーザーを使用した場合でも、黒ずみができてしまう人がいます。
脱毛サロンなら黒ずみができないと思い込んでしまわず、自分の肌に合っているかチェックしながら脱毛を進めていきましょう。

 

 

脱毛後はケアが大切

 

セルフでムダ毛処理をしても、脱毛サロンでムダ毛処理をしても、黒ずみができてしまう可能性はあります。
黒ずみを作らずにムダ毛処理をしていきたいなら、脱毛後のケアをきちんと行っていきましょう。

 

脱毛した後の肌は、カミソリ・毛抜き・レーザーなど、何らかの道具によって刺激を受けた状態になっています。

刺激を受けた肌をそのまま放置することが、脇に黒ずみを作る原因になってしまいます。

 

脱毛を終えたら、刺激を受けた肌の保湿ケアを行いましょう。
保湿ケアをすることで、刺激を受けて敏感になっている肌にバリアを作ることができますし、肌の修復を促していけます。

 

乾燥肌の人は特に肌トラブルを起こしやすいので、脱毛後すぐに保湿ケアをしましょう。
脇の肌を保湿するときには、ボディー用のクリームやオイルを使用することをおすすめします。
薬局やドラッグストアに行けば購入できるので、自分の肌に合ったものを選びましょう。

 

また、ボディークリームやオイルを脇に塗るときには、ゴシゴシと擦らずに優しく塗り込みます。
脇の肌は摩擦によるダメージに弱いので、指の腹で優しくケアするように心掛けていきましょう。

 

下着による擦れにも注意していければ、綺麗な脇を保っていけるでしょう。

 

アットベリー特典多数の公式サイト