アトピー肌は脇が黒ずむ

アトピーで脇が黒ずむ理由

 

痒い

アトピー性皮膚炎の人は、どうしても全身が痒くなってしまうことがあります。
脇が痒くなる人も多く、普段は掻きむしらないように気を付けていても、寝ている間に無意識に掻いてしまっていることがあるのではないでしょうか。

 

アトピーで痒みを感じてしまうのは仕方ないことですが、あまり掻きすぎると、脇に黒ずみができてしまう可能性があります。
では、なぜ脇を掻くことで黒ずみができてしまうのでしょうか。

 

脇の皮膚は薄くてデリケートなので、少しの刺激でダメージを受けてしまうことがあります。
そのため、アトピーの痒みで脇を掻きむしることで、脇がダメージを受けて黒ずみができやすくなってしまいます。

 

色素が沈着してしまうとなかなか白くならないですし、アトピーの人は化粧水などに含まれている成分に反応を起こしてしまうことがあるので、積極的に黒ずみケアをしていくことが難しいでしょう。

 

また、アトピーの痒みで掻きむしった脇がボロボロになっていたとしても、大人の女性はムダ毛が生えてくると処理をしなければいけません。
掻きむしってダメージを受けている肌にカミソリや毛抜きを使用することで、さらに刺激を与えて黒ずみを作ってしまいます。

 

 

敏感肌・アトピーでも脇に黒ずみを作らない方法

 

アトピーの人に限らず、敏感肌の人も脇に刺激を与えることで黒ずみができやすいです。
アトピーの人は掻きむしることで脇に黒ずみができてしまいますが、敏感肌の人は体を洗うときの刺激や、衣類の擦れによる摩擦によって脇に黒ずみができてしまうことがあります。

 

敏感肌・アトピーの人は普通の人よりも特に黒ずみができやすいので、できるだけ黒ずみを作らないように対策をしていきましょう。

 

脇に黒ずみを作らない効果的な方法は、念入りな保湿ケアを行うことです。
肌に潤いが足りていないと、肌を外部の刺激から守れないだけでなく、ダメージを受けた肌細胞の修復も遅くなってしまいます。

 

できるだけ脇に黒ずみを作らないようにするためには、常に肌が乾燥しないように気を付けていくことが大切です。

 

特に、アトピーの痒みを感じて掻きむしった後や、敏感肌の人が体を洗った後には、デリケートな脇の肌が外部からの刺激に弱い状態になっています。
脇の肌にダメージを与えてしまったかもしれないと思ったら、その都度保湿ケアをするように心掛けていきましょう。

 

ただし、人によっては保湿ケアをするための化粧水やクリームにもアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
肌に優しい化粧品を選んでいきましょう。

 

 

アトピーの人は保湿成分にも注意が必要

 

 

敏感肌・アトピーの人は、脇に黒ずみを作らないために保湿ケアをしていく必要があります。
しかし、敏感肌・アトピーであるからこそ、選ぶ化粧品によっては肌に刺激を与えて逆効果になってしまうかもしれません。
安全に脇の黒ずみ対策をしていくために、配合されている成分に注意しながら化粧品を選んでいきましょう。

 

「薬用アットベリー」なら、敏感肌・アトピーの人でも安心して使っていけるかもしれません。
全身の黒ずみやブツブツを治していく薬用ジェルで、美白成分と保湿成分が配合されています。
薬用アットベリーを塗るだけで、脇の肌を保湿できるだけでなく、すでに気になり始めている黒ずみも少しずつ薄くしていけます。
また、美白成分・保湿成分の他に植物成分も配合されており、肌の調子を整える効果も期待できます。
脇の黒ずみ対策をしながら、肌もスベスベにしていける人気の薬用ジェルです。

 

薬用アットベリーの大きな特徴は、敏感肌・アトピーの人でも問題なく使える可能性が高いことです。
着色料・シリコン・石油系界面活性剤・アルコールなどの肌に刺激を与える成分が含まれておらず、低刺激にこだわって作られています。
厳しい基準による品質管理も徹底しているので、安心して使っていけるでしょう。

 

アットベリー特典多数の公式サイト