脇が黒ずむ原因は様々

脇の黒ずみの原因はひとつじゃない!

 

脇

 

脇に黒ずみができる原因は、人によって違います。
カミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理をしたことで脇に黒ずみができてしまうと思い込んでいる人は多いですが、実はそれ以外にも黒ずみができてしまう原因はあります。

 

脇に黒ずみができる原因を知って、正しい対処をできるようにしておきましょう。

 

まず、脇の肌に刺激を与えることで、黒ずみができてしまうことがあります。
カミソリや毛抜きを使って頻繁にムダ毛処理をしている人や、体を洗うときにスポンジやタオルでゴシゴシ擦る癖がある人は注意が必要です。

 

脇の肌はとてもデリケートなので、ダメージを与えて黒ずみを作ってしまう可能性が高いです。
セルフでムダ毛処理をした後には保湿ケアを行い、体を洗うときにも脇だけ手のひらで優しく洗うなど、できるだけ強い刺激を与えないように気を付けましょう。

 

また、脇の毛穴に古い角質や皮脂汚れが詰まることでも、ブツブツとした黒ずみができてしまいます。
制汗剤をきちんと洗い落とせておらず、毛穴に詰まって黒ずみになることもあります。

 

脇の毛穴をできるだけ清潔に保ち、ブツブツとした黒ずみができないようにしていきましょう。
洗浄力が高い石鹸を使えば、ゴシゴシと強く洗わなくても汚れを落とせます。

 

ブツブツした黒ずみは毛穴に問題が

 

脇にブツブツした黒ずみができてしまっている人は、毛穴に問題があるのかもしれません。
脇の毛穴に古い角質や皮脂汚れが詰まっていると、ブツブツした黒ずみが目立ってきます。

 

頻繁に制汗剤を使用している人は、制汗剤が脇の毛穴に詰まっている可能性もあります。
どちらにしても、毛穴に汚れが詰まったままになってしまうのは良くないことなので、できるだけ清潔に保つように心掛けていきましょう。
とは言え、脇の汚れをしっかりと落とすためにゴシゴシと強い力で洗うと、摩擦によるダメージで黒ずみが悪化してしまう恐れがあります。

 

脇の毛穴の汚れを落としたい人は、強い力で洗うのではなく、洗浄力が高い石鹸やボディーソープを使うようにしてみましょう。
洗浄力が高い石鹸を使えば、無駄な力を入れなくても汚れを落とせるはずです。

 

また、脇のブツブツした黒ずみは、埋没毛が原因でできてしまうこともあります。
埋没毛とは、毛が皮膚の中に埋もれてしまっている状態で、遠目だと黒いブツブツに見えてしまいます。

 

毛抜きで無理に脱毛することなどで埋没毛が増えてしまうので、セルフでムダ毛処理をするときには正しい方法で行うように気を付けましょう。
ホットタオルなどを当ててあらかじめ肌を温めておけば、毛穴が開いて埋没毛ができにくくなります。

 

 

原因を取り除くこととケアできれいな脇に

 

脇に黒ずみができてしまう原因を知っていれば、正しい対処をしていけます。
脇の肌にダメージを与えないように気を付けて、できるだけ清潔に保つように毎日しっかりと汚れを落とすようにしていきましょう。

 

毎日の生活から、脇に黒ずみができてしまう原因を取り除けたら、さらにきれいな脇を目指して黒ずみケアをしていきましょう。
黒ずみを作らないために特に効果的なケアは、「保湿」です。

 

肌が乾燥していると外部からの刺激に弱くなり、さまざまな肌トラブルを引き起こすことにつながります。
特に、脇の肌は他の部位よりもデリケートなので、潤いバリアで常に守っておかなければいけません。

 

もともと肌が乾燥しがちな人はもちろん、普段はあまり肌の乾燥を感じない人も、脇の保湿ケアを怠らないようにしていきましょう。
脇の保湿ケアをするときには、ボディークリームやボディーオイルを使用しても良いですが、「薬用アットベリー」のような薬用ジェルもおすすめです。

 

薬用アットベリーは、保湿ケアだけでなく黒ずみ対策もしていけるジェルなので、よりきれいな脇を目指していくことができます。
低刺激にこだわって作られている肌に優しいジェルでもあるので、乾燥肌・敏感肌の人も安心して使えるでしょう。

 

アットベリー特典多数の公式サイト