毎日使う制汗剤が黒ずみの原因だった!

わきの臭い対策が黒ずみの原因かも!

 

わきが黒ずんできているように感じている人は、ひょっとして制汗剤を使いすぎてしまってはいませんか?

 

わきの臭いが気になって制汗剤を使っている人は多いと思いますが、実は制汗剤の使いすぎが原因でわきが黒ずんでしまうことがあります。

 

せっかく制汗剤でわきの臭いを抑えられても、今度は黒ずみが気になってTシャツやノースリーブを着られなくなってしまうかもしれません。

 

ノースリーブ

 

わきの黒ずみが気になり始めたら、一旦制汗剤の使用を控えてみたほうが良いかもしれません。
もともとわきの下は皮脂や汗の分泌が盛んな部位なので、古い角質や汚れが溜まりやすい場所です。
そこにパウダースプレータイプの制汗剤を使用することで、わきの汗腺や毛穴を塞いでしまい、さらに古い角質や汚れが留まりやすくなってしまいます。

 

毛穴に汚れが蓄積されていくことで、新しい皮膚を再生する機能であるターンオーバーの働きが低下してしまいます。
新しい皮膚が作られなくなることで、わきが黒ずんでいってしまうのです。

 

わきが黒ずまないように臭いを抑えていくためには、配合されている成分に気を付けて制汗剤を選ぶようにしていきましょう。
また、制汗剤を使用した日には、わきの汚れをしっかりと洗い落とすことも大切です。

 

 

制汗剤の主な成分

 

制汗剤には、汗や臭いを抑えるためにさまざまな成分が配合されています。

 

皮膚に負担を掛けないようにつくられている制汗剤も増えてきていますが、制汗効果・消臭効果が高い制汗剤には刺激が強い成分が配合されていることが多いです。

 

効果が高い制汗剤に配合されている成分を知っておき、敏感肌やアレルギー体質の人は制汗剤を選ぶときの参考にしてみましょう。

 

汗を抑える効果が高い制汗剤には、「酸化アルミニウム」が配合されていることが多いです。
酸化アルミニウムは金属塩の一種で、敏感肌やアレルギー体質の人は肌荒れを起こしてしまう可能性があります。
肌荒れを起こしているにも関わらず繰り返し使用することで、わきが黒ずんでしまうでしょう。

また、消臭成分や殺菌成分として「」などの重金属が配合されている制汗剤も多いです。
金属が皮膚に直接悪影響を与えることはありませんが、頻繁に使用することで皮膚に負担を掛けてしまうことはあります。
決して皮膚にとって良い成分とは言えないので、できれば使いすぎには気を付けたいですね。
毛穴に詰まったり炎症を起こしたりすることで、わきが少しずつ黒ずんでいってしまうことがあります。
金属類が配合されている制汗剤を使用した日は、シャワーでしっかりと洗い流しましょう。

 

 

黒ずみを作らない制汗剤

 

黒ずみを作らずにわきの臭いを抑えていくためには、皮膚への負担が少ない制汗剤を選ぶと良いでしょう。

無添加にこだわって作られている制汗剤がありますし、敏感肌やアレルギー体質の人でも安全に使用できる制汗剤もあります。

 

皮膚に刺激を与えない制汗剤を選べば、肌荒れを起こしてしまうこともなく、黒ずみを作らずに臭い対策をしていけるはずです。

 

パウダー

 

また、パウダースプレータイプではない制汗剤を選ぶのも良いかもしれません。
パウダースプレータイプの制汗剤を使用すると、どうしてもパウダーが汗腺や毛穴に詰まりがちになってしまいます。

 

制汗剤を使用した日にしっかりとシャワーを浴びるようにしていても、汗腺や毛穴にパウダーが残ってしまっていると黒ずみの原因となってしまいます。
クリームタイプやシートタイプの制汗剤を選べば、汗腺や毛穴を塞ぐパウダースプレータイプに比べると黒ずみができにくくなるかもしれません。

 

最近では、制汗効果・消臭効果が期待できるボディーソープなども販売されています。
ボディーソープなら、体を洗いながら全身の臭い対策ができますし、市販の制汗剤のように毛穴の詰まりを気にする必要もありません。
臭い対策のために特別な時間を作る必要もないので、忙しい人でも気軽にケアをしていけるでしょう。

 

アットベリー特典多数の公式サイト