黒ずみができやすいのは肌質のせい?

敏感肌と黒ずみの関係

 

肌に黒ずみができて気になっている人は、ひょっとすると敏感肌なのではないでしょうか?
敏感肌の人は、ちょっとした肌への刺激で炎症を起こしてしまうことがあります。

 

ヒリヒリ

 

ヒリヒリとした痛みを感じることがあるでしょうし、場合によっては痒みを伴うこともあるでしょう。
炎症を繰り返し起こしたり、痒みに我慢できずに肌を掻きむしってしまうことで、いつの間にか黒ずみができてしまっていることが多いです。

 

敏感肌の人は、衣服などの擦れによる摩擦で肌を刺激してしまうことがあります。
摩擦による刺激で肌に黒ずみができてしまい、洗っても落ちなくなってしまいます。
敏感肌の人はどうしても黒ずみができやすくなってしまうので、できるだけ肌を健康的な状態に改善していけるように努力してみましょう。

 

また、もともとアトピーを持っていて頻繁に肌の赤みや痒みを起こしてしまうという人は、できるだけ肌を掻きむしらないように気を付けていきましょう。

 

痒みに我慢できずに肌を掻きむしっていると、症状が出ているときには赤かった部分が、時間が経つにつれて黒くなっていきます。
これは、肌が色素沈着を起こしている状態なので、簡単に白くなるものではありません。

 

黒ずみを作らないために、アトピーの人は薬などを使用して痒みを抑えていきましょう。

 

 

アトピーの黒ずみはどう治す?

 

アトピーで掻きむしると黒ずみができてしまうとはわかっていても、人によっては我慢できないほどの痒みを感じることもあるでしょう。
起きているときには痒みを我慢できるかもしれませんが、寝ている間は無意識に掻きむしってしまうことが多いです。

 

気付いたら症状が酷くなっていたり、炎症が治まった後に黒ずみができてしまっているものです。
では、アトピーでできてしまった黒ずみは治すことができないのでしょうか?

 

アトピーを持っている人は、使える化粧品が限られてくると思います。
そのため、普通の人のように黒ずみ専用の化粧品を使えなかったり、保湿ケアに使うための化粧品も限られてくるでしょう。

 

とは言え、肌の黒ずみは水やお湯で洗えば落ちるというものではありません。
どうしても治したい黒ずみがあるなら、敏感肌の人でも使用できる低刺激の化粧品を探してみましょう。

 

例えば、「アットベリー」は敏感肌の人でも使用できる低刺激の黒ずみ専用ジェルです。
合成香料や着色料は配合されておらず、実際に敏感肌でも使用している女性は多いです。

 

ただし、肌への刺激は個人差があるので、使い始める前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。
肌に異変を感じたら、無理せず使用を中止することをおすすめします。

 

 

黒ずみができない健康な肌を作る方法

 

敏感肌の人は、どうしても黒ずみができやすくなってしまいます。
衣服やタオルなどの摩擦に弱いですし、少しの刺激で炎症を起こしてしまうこともありますよね。

 

タオル

 

そこで、肌に黒ずみができてしまわないように、普段から健康な肌を作る努力をしていきましょう。
健康な肌に近付くことができれば、黒ずみができにくくなるだけでなく、透明感のある綺麗な肌になっていくでしょう。

 

健康な肌を作るために大切なのは、保湿です。
肌が乾燥した状態になっていると、少しの刺激でもダメージを受けてしまう弱い肌になってしまいます。

 

徹底的に保湿をして肌にバリアを作ることで、外部からの刺激に強くなります。
特にお風呂上りは、肌が乾燥しがちになってしまいます。

 

敏感肌でも肌荒れを起こさない低刺激の化粧水や乳液を選び、欠かさず保湿ケアを行いましょう。
化粧水や乳液だけでは水分を補っただけになってしまうので、保湿クリームや美容液で肌に蓋をするとさらに良いです。

 

また、体の乾燥を防ぎたい場合には、全身に使えるボディクリームやボディーオイルを用意してみましょう。
敏感肌の人は、顔だけでなく全身の肌も刺激に弱いことが多いです。

 

炎症や痒みを引き起こしてしまうことがないように、肌に優しいものを選びたいですね。

 

アットベリー特典多数の公式サイト