脱毛サロンと脇の黒ずみ

わきの黒ずみが気になって脱毛サロンに通えない

 

わき毛を脱毛して綺麗にしてもらおうと思っても、わきが黒ずんでいると脱毛サロンに通いにくいですよね。
施術を受けるときにスタッフにわきを見せなければいけないので、黒ずみにコンプレックスを抱いている人は勇気が出ないでしょう。

 

悩み

 

また、サロンによっては施術にレーザー機器を使用して、毛のメラニン色素に反応させて脱毛していくところもあります。
そのため、わきにメラニン色素が沈着して黒ずんでしまっていると、レーザーが上手く反応しないので施術を断られてしまうこともあると聞いたことがあります。

 

実際に、日焼けをして肌が黒い人にレーザーを使用すると、レーザーが毛だけでなく肌の色にも反応して火傷してしまうことがあるようです。

これらの理由から、わきが黒ずんでいると脱毛サロンに通いにくいと感じてしまう人が多いようです。

 

しかし、わきの黒ずみの原因は摩擦や炎症であることがほとんどです。
脱毛をせずに、カミソリなどを使用して自分でわき毛の処理をしていると、カミソリの摩擦でさらに黒ずみが悪化してしまう可能性があります。

 

黒ずみが悪化しないように、わきの黒ずみが少し気になる程度なら早めに脱毛サロンに行ったほうが良いのかもしれません。

 

 

サロン側から断られることもある?

 

わきの黒ずみがあまりにも酷いと、脱毛サロンに行っても施術を断られることがあるという話を聞いたことはありませんか?

 

脱毛サロンではスタッフに自分のわきを見せなければいけないため、わきが黒ずんでいるとただでさえ通う勇気が出ないというのに、断られてしまうのはとてもショックです。
では、なぜわきが黒ずんでいると脱毛を断られてしまうのでしょうか?

 

ほとんどの脱毛サロンでは、レーザー機器を使用した施術を行っています。
このレーザー機器は、わき毛のメラニン色素に反応してレーザーが照射されるようになっています。
そのため、毛だけでなく肌にもメラニン色素が多いと、レーザーが上手く反応しなくなってしまうと言われています。

 

実際に、色黒の人がレーザー脱毛をすることで、肌にまでレーザーが反応して火傷してしまうことがあるようです。

 

わきの黒ずみが酷いと脱毛を断られてしまうという噂は、このようなことが理由で広まってしまったようです。
わきの黒ずみが原因で本当に脱毛を断られることもあるのかもしれませんが、ほとんどの場合には脱毛をしてもらえます。

 

特に、名前が有名な脱毛サロンなら断られることはほとんどないようです。
わきの黒ずみが悪化しないうちに脱毛サロンに行って、施術を受けられるか聞いてみると良いかもしれません。

 

 

脱毛サロンで断られる例

 

わきが黒ずんでいるという理由だけでは、脱毛サロンで施術を断られることはほとんどありません。
施術を断られてしまったという人は、他のことが理由なのかもしれません。

 

黒ずみで断られることは少ない脱毛ですが、他のことが理由で以外とあっさり断られてしまうことはあります。
脱毛サロンで施術を断られる例を知っておき、自分が脱毛に通うときには気を付けたいですね。

 

妊婦

 

妊娠していたり産後であったりすると、脱毛を断られることが多いです。

ホルモンバランスが乱れがちになり、体が敏感になっている時期だからです。
女性なら美容のことも気になるかもしれませんが、健康のためには我慢しなければいけないことが多いようですね。

 

妊娠中・産後と同じ様に、体調がすぐれないときは脱毛を断られることがありますし、生理中にはデリケートゾーンの脱毛ができません。

女性はホルモンバランスの変化や体調の変化が激しいので、それに合わせて脱毛を行っていくことになるでしょう。

 

敏感肌や乾燥肌の人は、わき毛の脱毛を断られてしまうことがあります。

わきは特にデリケートな部分なので、脱毛することで炎症を起こしてしまう恐れがあります。

 

脱毛サロンでは、肌の状態を見ながら施術をするかどうかを判断しているのです。

 

アットベリー特典多数の公式サイト