塩で手軽に黒ずみケアができる

自宅にある塩で肌の黒ずみを解消できる?

 

わき・ひざ・ひじなどの気になる黒ずみは、自宅にある塩で解消できることをご存知ですか?

 

塩

 

塩は食品なので、黒ずみのケアに使用するというのは意外かもしれません。
塩には、水分があるほうから水分がないほうに水分を移動させる「浸透圧作用」という作用があります。

 

この作用によって、塩を塗った部分の毛穴に水分が集まり、黒ずみを浮かせて落としやすいようにしてくれます。
ボディーソープや石鹸で黒ずみが気になる部分を洗うよりも、黒ずみが落ちやすくなる塩でのケアのほうが効率的だと言われています。

 

また、塩を使って毛穴の汚れを落とすことで新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーも活性化されます。
ターンオーバーが活性化されて新しい肌細胞に生まれ変われば、黒ずみやシミ・そばかすが自然に目立たなくなっていくでしょう。

ただし、塩をそのまま黒ずみケアに使用すると、粒子が荒くて逆に肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

 

自宅にある塩を使うときには、水に溶かしてとろみが出るぐらいになってから使用するようにしましょう。
黒ずみケアのための塩をこれから用意したいと考えている人は、できるだけ粒子が細かい塩を選ぶと良いでしょう。

 

 

塩を使ったスクラブケア

 

塩を使って黒ずみをケアするなら、粒子が細かい塩を選ぶことをおすすめします。
粒子が荒い塩をそのまま使ってしまうと、肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

塩を塗るときの摩擦で余計に黒ずみが悪化してしまうこともあるので、注意しましょう。
粒子が細かい塩を用意したら、マッサージクリームや洗顔フォームに混ぜて使用していきましょう。

 

黒ずみが気になる部分に塗り込み、軽くマッサージしながら汚れを洗い落としていきます。
黒ずみだけでなく、毛穴に詰まった古い角質や汚れも落とせるので、スクラブケアをした後には肌に透明感を感じられるはずです。

 

また、自宅に粒子が荒い塩しかない場合には、水を加えてとろみを付けてからスクラブケアに使用しましょう。
とろみが付いた塩を黒ずみが気になる部分に乗せ、擦るのではなくハンドプレスをして肌に馴染ませていきます。

 

擦らなければ黒ずみが落ちないように感じる人がいるかもしれませんが、塩の浸透圧作用で黒ずみが浮いてきていれば、ハンドプレスをするだけでも十分に落とせます。

 

粒子が荒い塩で擦り洗いをすると黒ずみが悪化してしまうことがあるので、その点にだけは十分に気を付けたいですね。
本格的なスクラブケアをしたい人は、専用のスクラブを購入すると良いかもしれません。

 

 

逆効果になることも

 

スクラブケアをすれば、肌に刺激が強いクリームや薬を使わなくても、安全に黒ずみを解消していけます。
自宅にある塩でもケアできるので、お金もかからなくて助かりますよね。

 

しかし、スクラブケアの方法を間違えると、逆に黒ずみが酷くなってしまうことがあります。

 

初めてスクラブケアをする人は、あらかじめ正しいケアの方法を確認しておき、逆効果になってしまわないように気を付けましょう。

 

まず、粒子が荒い塩はあまり使わないようにします。
粒子が荒い塩で擦り洗いをしてしまうと、摩擦が起きて肌荒れを起こしてしまう恐れがあります。

 

黒ずみをケアするために塩を使用したのに、逆に黒ずみが酷くなってしまうこともあります。
粒子が荒い塩でケアをするときには、擦り洗いではなくハンドプレスで馴染ませていくようにしましょう。

 

また、塩は食品なので安全なものではありますが、人によっては肌に合わずに肌荒れを起こしてしまうことがあるかもしれません。
肌荒れを起こして炎症を繰り返すことで、黒ずみが悪化してしまうことがあります。

 

敏感肌やアレルギー体質の人は、広範囲のスクラブケアをする前に、あらかじめパッチテストを行っておくことをおすすめします。

 

アットベリー特典多数の公式サイト