膝の裏が黒い!その原因と対策

自分では気付きにくいひざの裏の黒ずみ

 

ひざの裏は、普段自分ではあまり見ない場所ですよね。
そのため、黒ずみやすい部位であると言われていますが、自分のひざ裏が黒ずんでいることに気付けない人が多いです。

 

しかし、他人から見るとよく目立つ場所です。

 

膝裏

 

特にスカートやショートパンツを履いているときには、後ろ姿を見たときにひざ裏の黒ずみが目立ってしまいます。
短めのスカートやパンツをよく履いている女性や、制服のスカート丈が短めな女性は、ひざ裏が黒ずんでいないかチェックしてみたほうが良いかもしれません

 

ひざ裏の黒ずみは、乾燥肌が原因でできてしまうことが多いです。

 

乾燥肌であることを自覚している人や、普段生活していてひざ裏に痒みを感じることがある人は、ひざ裏に黒ずみができてしまう可能性が高いです。
ひざ裏に痒みを感じても掻きむしったりせずに、保湿クリームなどでケアをしていきましょう。

 

どうしても痒みが我慢できないほど乾燥している場合には、早めのうちに医療機関に相談したほうが良いかもしれません。
痒み止めや保湿用の外用薬を処方してもらえるので、黒ずみができるほど掻きむしることがなくなるはずです。

 

自分ではなかなか気付けないひざ裏の黒ずみですが、人に指摘される前にケアしていきたいですね。

 

 

ひざの裏が黒ずむ理由

 

ひざの裏が黒ずんでしまう理由は、肌の乾燥です。
他の部位にできてしまう黒ずみも、乾燥肌で掻きむしっていたことが原因だったり、衣服などの擦れで摩擦が起きていたことが原因だったりします。

 

ひざ裏も同じで、乾燥による痒みで掻きむしってしまうことで、黒ずみができてしまいます。
普段からひざ裏に痒みを感じている人は、ひざ裏の肌が乾燥している可能性があるのでケアをしていく必要があります。

 

無意識に掻きむしっていると黒ずみができてしまうので、癖でひざ裏を掻くようになっている人はすぐにでも治したほうが良いでしょう。

 

また、長時間同じ体制で座っているなどしてひざ裏に汗をかいてしまった場合にも、痒みが起こることがあります。
夏場の暑いときに長時間座っていて、ひざ裏に汗をかいた経験がある人は多いでしょう。
汗が原因でひざ裏にあせもができてしまい、痒みを感じることがあります。

 

痒みが落ち着くまで掻きむしりたくなる気持ちはわかりますが、肌にダメージを与えないように対処していくことが大切です。

 

まずはひざ裏の汗を丁寧に洗い落とし、できるだけ清潔に保てるようにしておきましょう。
痒みを感じてもできるだけ掻きむしらないように我慢をして、どうしても痒みが治まらないようなら薬などを使用することをおすすめします。

 

 

注意すべき点とケア方法

 

ひざ裏に黒ずみができてしまわないように、普段から肌に刺激を与えるような行動は控えていきましょう。
ひざ裏の肌が乾燥していて痒みを起こしているなら、保湿クリームやボディーオイルなどで念入りに保湿ケアをしていきます。

 

特に、入浴後は付着していた水分が蒸発して乾燥しがちになっているので、お風呂を出たらすぐに保湿ケアをしましょう。

 

保湿クリームやボディーオイルを塗るときには、塗るときの摩擦で肌に負担を掛けてしまわないように、優しく丁寧に塗っていきます。
ゴシゴシと雑にケアをしていると、摩擦によって黒ずみを作ってしまう恐れがあるので逆効果です。

 

もともと黒ずみができやすいデリケートな部分なので、優しくケアをしていきましょう。

 

また、すでにひざ裏に黒ずみができてしまっている場合にも、肌のターンオーバーを促すために徹底的な保湿ケアをしましょう。
ターンオーバーが活性化されて新しい肌細胞が作られるようになれば、黒ずみが自然に目立たなくなっていくはずです。

 

黒ずみケア専用のクリームなどを使用するのも良いですが、ひざ裏の肌はとてもデリケートなので、あまり刺激が強いものを使わないように気を付けましょう。
無添加で肌に優しいケア用品なら、乾燥肌の人でも問題なく使用できるでしょう。

 

アットベリー特典多数の公式サイト