脇の痒みが黒ずみの原因に

脇がカサカサして痒い!黒ずみの原因にも

 

痒み

 

脇の下が痒くなることは誰でもあることです。痒くなる原因は汗をかいてしまうことで菌が繁殖して不潔になることもありますし、逆に乾燥してカサカサになってしまい痒くなることもあります。

 

また、脱毛などの外部刺激によって痒くなることもありますし、アレルギーによって痒くなる人もいます。

 

こうした脇のカサカサによる痒みは皮膚内にあるヒスタミンが分泌されることによって起こりますが、痒みを解消しようとして掻きむしるのは良くありません。

 

また、脇の下にかいた汗を放っておくと、蒸発した時に皮膚表面にある水分を奪ってしまい乾燥させてしまいます。

 

乾燥してしまった皮膚はバリア機能が低下して外部からの刺激に敏感になり、それが皮脂分泌を活発にさせて毛穴に汚れを詰まらせたり痒みを出してしまいます。

 

それに、痒くて掻きむしってしまうと、それがダメージとなって黒ずみの原因となるメラニンを増やしてしまい、これを繰り返して悪循環になってしまうこともあります。
更にはバリア機能が低下した肌はターンオーバーが乱れてしまい、これが肌の生まれ変わりを遅らせてしまいます。

 

そうなると剥がれ落ちるはずの古い角質が留まった状態になり、その古い角質が厚く重なって黒ずみになってしまいます。

 

こうしたことが黒ずみの原因にもなってしまいますので気を付けておかなければいけません。

 

 

原因

 

脇が痒くなる原因は多くあり、脇汗、乾燥、脱毛、制汗剤、マラセチア菌などが挙げられます。脇汗は放っておくと肌がアルカリ性になってしまい、そのアルカリ性が原因となって肌荒れや雑菌の繁殖を起こして痒みを生んでしまいます。

 

脇の下が乾燥するとバリア機能が低下して刺激に反応しやすくなり、それが皮脂分泌を活発にして毛穴を詰まらせたりカサカサして痒みを伴います。

 

脱毛は肌表面に傷を作って炎症を起こし、その結果、肌を乾燥させて痒くなってしまいます。

 

制汗剤を脇に使用することによって毛穴を塞ぎこんでしまい、それが老廃物を溜め込む原因となって痒くなってしまうこともあります。

 

マラセチア菌は皮膚にいる常在菌ですが、汗や乾燥、脱毛などのダメージによって異常?殖し、それが激しい痒みになってニキビや脂漏性湿疹などを引き起こしてしまうことがあります。

 

この他には汗疹や疥癬、アレルギーなどによっても脇が痒くなることもあります。

 

こうした原因によって痒くなった脇をかくのは良くありません。

 

脇をかくとダメージを与えてメラニン色素を生成させてしまい、黒ずみの原因になってしまうからです。

 

このようなことからも分かるように、様々な原因によって脇は痒くなりますが、放置するのは勿論のこと、掻きむしるのも良くありませんのでしっかりケアする必要があるのです。

 

 

衣類の素材に注意!

 

普通に生活しているだけでも体のどこかは痒くなるものです。

 

様々な原因によって痒くなってしまいますが、脇が痒くなってしまうこともあるでしょう。

 

脇の下は肌がデリケートですので少しの刺激で痒くなってしまうのですが、その痒くなる原因の一つに衣類の素材があります。

 

脇が痒くなりやすい衣類の素材は通気性が悪いナイロンやポリエステルなどです。

 

脇の下が蒸れて汗をかきやすくなりますし、雑菌が繁殖して肌荒れを起こし黒ずみになってしまうこともあるのです。

 

また、ウールやけば立った繊維、静電気の起きやすい素材なども注意が必要です。

 

特に乾燥する季節は静電気が起きやすいですし、その静電気による刺激が摩擦を強くして痒みを増幅させることもあります。

 

それと、寒いときに重ね着をしてしまいますが、肌表面の汗が発散されなくなって痒みの原因になります。

 

肌表面の皮脂が減って乾燥すると角質が剥がれやすくなって水分が蒸発しやすくなり、それが原因となって痒みを出してしまうこともありますので、痒いからといって脇の下をゴシゴシ洗って皮脂を落とし過ぎないようにしましょう。

 

こうしたことからも分かるように、衣類の素材によっては乾燥や静電気などを起こして脇が痒くなる原因となりますので気を付けてください。

 

 

保湿でバリアを作る

 

脇の痒みは乾燥が原因となりますので、しっかり保湿をしてバリアを作るのが良いです。

 

特に冬場は空気が乾燥していますし、暖房によって更に空気が乾燥してしまいますので保湿が重要となります。

 

乾燥などによって脇が痒くなっても我慢し、ぬるま湯で洗い流してから保湿すると良いでしょう。

 

その保湿でバリアを作るときに良いのがアットベリーです。

 

アットベリーは高品質のセラミドやエラスチン、コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されており、肌のベールやバリアの役割を果たしてくれます。

 

また、乾燥で皮膚がデリケート状態になっている人は、刺激や摩擦などによって痒みだけではなく、黒ずみに繋がってしまうこともありますので、アットベリーで保湿バリアを作ってあげるのが良いのです。

 

アットベリー特典多数の公式サイト